石狩市にある直売所 JAいしかり地物市場とれのさとの過去のイベント

イベント情報
  1. ホーム >
  2. ブログ一覧 >
  3. 2019年 イベント情報

過去のイベント情報

とれのさとので行われたイベントを掲載しています。

2019年 さつまいも即売会

【2019年11月17日】

2019年 さつまいも即売会

 10月10日、青年部がサツマイモの収穫作業を行いました。今年は鳴門金時と紅はるかの2種を1aずつ定植し、干魃や天候不順などによる生育の遅れが心配されていましたが、なんとか収穫することができ、部員の顔にも喜びがあふれていました。

 また、11月17日には、地物市場とれのさとで対面販売会を行い、キュアリングで甘みを増した石狩産のサツマイモを多くの方にPRすることができました。部員たちは「今後も地域ブランド確立のために頑張ります」と意気込んでいました。

2019年 さつまいも即売会

2019年 長芋・ごぼう即売会

【2019年11月16日・17日】

2019年 長芋・ごぼう即売会

 約一ヶ月前から多くのお客様から問い合わせをいただき、今年は11月16~17日に開催しました。

 待ちかねていた多くのお客様の列が初日から並び開店と同時に店内は満杯!ご自宅用、道内や道外に送られる方、たくさんのお客様で賑わいました。

 「年明けにも食べられように、1本1本大事に新聞紙で包むんだ」「今年も内地に送れて良かった」など多くのお客様からお声をいただき、大変賑わいのあるイベントとなりました。

2019年 さつまいも即売会

2019年 漬物野菜即売会

【2019年10月25日~11月4日】

2019年 漬物野菜即売会

 10月25日~11月4日、毎年恒例の漬け物野菜即売会を地物市場とれのさとで行いました。

 漬け物には欠かせない大根(洗い大根、土付き大根、干し大根)、キャベツ、大球、カブ、白菜、、たいな、人参が盛りだくさんで、初日から多くのお客様が来店されました。お客様から「待っていた!」「スーパーよりとれのさと!」などたくさんの嬉しいお声をいただき、連日大行列で大いに盛り上がった11日間のロングイベントとなりました。

2019年 漬物野菜即売会

2019年 新米祭り

【2019年10月12日~14日】

2019年 新米祭り

 10月12日~14日の3日間、地物市場とれのさとで新米祭りを開催し、同時に令和元年産米の販売を開始しました。

 今年の新米祭りは例年以上に大規模なイベントと位置づけ、一般消費者への石狩産米に対するインパクトを残すべく「石狩産米総選挙」と称した新米試食会の開催や、オール石狩産のいくら丼販売と石狩鍋無料配布、毎年大好評の「いしかり漬け」予約販売などを行い連日大盛況となりました。

【石狩産米総選挙について】
☆選挙結果☆
 1位ゆめぴりか:217票、 2位ななつぼし:191票、 3位ゆきさやか:159票、 4位きたくりん:84票
☆1位「ゆめぴりか」に対する消費者の声☆
・食感が一番良かった! ・群を抜いておいしい! ・冷めてもおいしい!

2019年 新米祭り

石狩さけまつり2019

【2019年9月21日~22日】

石狩さけまつり2019

 9月21、22日、本町地区の弁天歴史通りで開催された第56回石狩さけまつりに「あぐりフェスタ」と題して初めて出店しました。

 とれのさとブースでは、RSR(ライジングサン)でデビューしたとれのさとオリジナル「まぼおしのジンギスカン丼」、石狩産小麦きたほなみ100%使用した「ぶっかけうどん」を始め、いしかり漬けや石狩産の新米おにぎり、新鮮野菜の販売を行いました。中でも「いしかり漬け」は用意した300食が即完売となり、たくさんのお客様においしさを伝えることができました。

 女性部ブースでは、ゆでとうきびを試食販売し、新鮮で甘いと大好評でこちらも午前中で即完売し大人気でした。

 恒例の人参・じゃがいも・玉ねぎ詰め放題を行い、どちらも大行列ができていました。

 他にも豊穣輪投げ大会や当JAと石狩中学校が企画した石狩産野菜の重量当てクイズも大変盛り上がり、カクテルコンクールで優秀賞を受賞した石狩ブランドのミニトマト「いしかり DE CHU」を使ったカクテルも限定販売され大好評でした。

石狩さけまつり2019

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO

【2019年8月17日】

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO

 8月17日、道内最大級の野外フェス『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO(RSR)』が石狩湾新港樽川ふ頭の特設ステージで行われました。

 予定していた16日は台風の影響により中止となり、17日の開催も危ぶまれましたが決行の判断となり、当日は無事に天候も回復し何とか開催することができました。

 1999年から続いているRSR、今年は約3万7千人がこの1日のイベントのために集結。ライブが始まると同時に大盛り上がり!

 道内のみならず全国各地から多くのお客様が足を運ぶイベントで、当JA地物市場とれのさととして初出店し、石狩産のお米と野菜を使ったジンギスカン丼を販売しました。

 また、全国各地へのお土産にと、RSRとコラボして石狩で採れた「ななつぼし」「ゆきさやか」「きたくりん」を真空パックして作成したオリジナル米キューブも販売しました。珍しいと驚くお客様も多く、購入する方が続々!全国に石狩産米をPRすることができました。

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO

2019年 対面販売「生産者マルシェ」

【2019年7月27日~28日】

2019年 対面販売「生産者マルシェ」

 7月27~28日、地物市場とれのさと店舗前で生産者による対面販売「生産者マルシェ」を開催しました。

 毎年恒例となっているイベントで、とれのさとのコンセプトである「生産者の顔が見える直売所」をPRしました。

 生産者に直接話を聞くことができるのが良いとお客様からも大変好評で、店舗内外共に盛り上がりのある対面販売となりました。

2019年 対面販売「生産者マルシェ」

ジンギスカンフェスティバル2019

【2019年7月26日~28日】

ジンギスカンフェスティバル2019

 7月26~28日の3日間、サッポロファクトリーでジンギスカンフェスティバル2019が開催されました。

 北海道のソウルフードであるジンギスカンで地域を結ぶ交流の場をつくり、名だたるジンギスカン屋さんと並んで、とれのさとオリジナルジンギスカンと石狩産の新鮮な野菜をお客様にPRしました。

 出店ブースでは、とれのさとオリジナルジンギスカン、カット野菜としてナスとピーマンのパック詰め、更に味が自慢のミニトマトを販売しました!

 北海道ならではの夏のイベントとしてテレビ局の取材や放送にも取り上げられ、3日間で約3000名のお客様が来場し、ジンギスカンと石狩産の野菜を味わっていただくことができ、大変賑わいのあるイベントとなりました。

ジンギスカンフェスティバル2019

2019年 苗物市

【2019年5月17日~19日】

2019年 苗物市

 5月17~19日、地物市場とれのさとで苗物市を開催しました。この期間は敷地内に特設会場を設けて約50種類の苗を販売しました。

 毎年大変賑わっているイベントで、開店前から野菜の苗を待ちかねていた方々で大行列!今年は、昨年に比べて苗を約20種類増やし、お客様のニーズに応えられるように準備をしましたが、すぐに売り切れるものもあり追加発注する場面もありました。中でもきゅうりの苗は特に人気で、イベント初日にして売り切れ状態となりました。

 市内はもちろん市外からわざわざ苗を選びに来ていただいた方も多く「昨年の苗がよかったから来た」「今年もここに買いに来たよ」などたくさんのお声をいただきました。

 苗物だけに留まらず、店舗も好調な売れ行きで葉菜類やジャガイモ、またベジソフトをお目当てに来られるお客様も数多くいました。

 開催期間中はとても天気が良く、店舗来客数とは別に苗物市のみの来客数は3日間で約2000名と今年も大変賑わっていました。

2019年 苗物市

2019年 園芸市

【2019年4月13日~14日】

2019年 園芸市

 4月13日~14日、地物市場とれのさとで園芸市を開催しました。肥料や家庭菜園の培土、人気の種イモの販売のほか、小林花園さんによる花卉の鉢植えや、いしかり番屋のせいせんいちばさんによる石狩鮭醤油を使った焼き鳥、厚田水産さんによる魚介類の対面販売などこの日を待ちわびていたお客様で大変賑わいました。

 ホクレンと資材課の職員による園芸指導もあり、肥料の成分や自分の畑に必要な培土の量を熱心に確認している姿があちこちで見られました。JAブランドの肥料や培土を購入できるチャンスと大量購入している常連のお客様も多く、毎年定番のイベントとなっています。

2019年 園芸市

2019年 スプリングセール

【2019年3月30日~31日】

2019年 スプリングセール

 3月30日~31日、地物市場とれのさとでスプリングセールを開催しました。

 これは夏期営業開始に伴うセールで、オープン前から多くのお客様が長蛇の列を作り、開店と同時にお目当ての売り場へ先を争いながら進む様子が見られました。

 ハウス栽培のホウレンソウや越冬物の根菜類を中心に好調な売れ行きで、このイベントの企画商品の越冬キャベツやいしかり漬けも非常に人気でした。

 また、週末限定炊き込みご飯の販売も開始し、加工グループによる手作り惣菜の販売等もあり、心待ちにしていたお客様に大好評でした。

 午後からは集客イベントとして馬鈴薯詰め放題を行い、来客数は2日間合計で2千人を越え、大盛況のオープンイベントとなりました。

2019年 スプリングセール

キッズジョブタウン2019 inさっぽろファクトリ-

【2019年1月12日~13日】

キッズジョブタウン2019 inさっぽろファクトリ-

 1月12日~13日、「キッズジョブタウン2019 inさっぽろファクトリ-」が開催され、地物市場とれのさとがお仕事体験ブースを出店して希少な石狩産米の「ゆきさやか」をPRしました。

 これは、年少から小学6年生までが対象で、ファクトリー内の店舗や協賛企業約30店でお仕事を体験しながら責任感や達成感を感じて子どもが成長するというもので、各店舗が設定した内容を各自で選び、ハンバーガーの組み立てや接客、清掃などを体験していました。また、ハーバリウムやアクセサリーなどの制作ができるキッズクラフトタウンとスタンプラリーも同時開催しており、多くの家族連れで賑わっていました。

 JAのブースでは、「ゆきさやか」の試食とキューブ状にパッケージしたお米の販売を1日5組の15名、二日間合計30名に体験してもらいました。ピンク色のオリジナルスタッフTシャツを来たちびっ子達が、はにかみながらも元気いっぱいで会場内を駆け回り、お仕事体験後には、ちょっぴり大人になっていました。

キッズジョブタウン2019 inさっぽろファクトリ-